子はすくすく育っていく。
この日曜日、森林公園へ初ピクニックに出かけた。
成長にあわせて、わが家の行動範囲がゆっくりと広がるのは楽しい。
ベビーカーでは、いつも以上にキャッキャッと上機嫌の娘。
芝生の上をすいすい軽快に進んでいくのが、よほど気に入ったみたいだ。
ママも上機嫌である。「僕がベビーカー、押して行くよ」と切り出しても、
「ううん。コットを外したチェアスタイルの押し心地をたしかめたいの。今日が初めてだし」
弾んだ声を聞いていて僕までうれしくなる。そうして彼女の背中を眺めて感じ入る。
妻もまた母としてすくすく成長しているんだな――そんなふうに思っていると、
「ね、パパ、今度はもう少し足を伸ばして、海に行ってみましょうよ」朗らかに妻が言う。
「ああ、いいよ」僕はこたえながらも、心でクスリと笑う。
ママが大の海好きだったこと、じつにひさしぶりに思い出してしまった。